ED治療薬@通販

ED治療薬のネット通販なら、@通販にお任せください!日本全国どこでも配送!郵便局留めも承ります!効果の高い先発医薬品、価格の安いジェネリック医薬品どちらも幅広く取り扱っております。

ジフルカン
17件の商品がございます
表示件数
並び替え

ジフルカン

ジフルカンとは、抗真菌薬のことです。
真菌とは、いわゆるカビのことで、疲労などにより体の抵抗力が低下すると、これが体内で増えることがあります。
そうすると、「内蔵真菌症」という病気になってしまうのですが、それを治療するのが、このジフルカンです。
用法は、年齢と病気によって異なります。
「カンジダ症」に対しては、成人なら50~100mg、小児なら3mgを1日1回飲みます。
「クリプトコッカス症」に対しては、成人なら50~200mg、小児なら3~6mgを1日1回飲みます。
副作用は少ないですが、たまに「吐き気」「食欲不振」「腹痛」「下痢」などが起きることがあります。
また、ごくまれにですが「皮膚障害」「血液障害」「肝障害」などが起きた例もあるので、初期症状が見られたら医療機関で診察してもらったほうがよいでしょう。
飲み合わせが悪い薬としては、「ハルシオン」が挙げられます。
併用すると、副作用が強くなるので避けましょう。

ジフルカンは女性用バイアグラなのか?

ジフルカンは女性用バイアグラなのかということですが、意見が2つにわかれます。
ジフルカンは、カビの一種である深在性真菌症を治療するために、開発され今まで利用されてきました。
真菌の治療でこの薬を服用している患者の多くが、膣の分泌液が増えることがわかり、今では真菌の治療に加えて、性交補助薬として使われています。
性交痛があり、うまく性行為がいかない人に使われています。
この薬はあくまでも深在性真菌症を治療するために開発した薬であり、女性用バイアグラではないという人もいます。
一方で、本来の目的は深在性真菌症の治療だが、膣の分泌液が増え、性交がうまくいくのだから、女性用バイアグラとしても良いという人もいます。

ダイフルカンの副作用

ダイフルカンは、カンジタ症などの抗真菌薬ですが、ネットでは性的不感症を治療し、女性器に潤いを与える媚薬のように扱われています。
ダイフルカンを開発している会社は、性的不感症に有効とは公表していません。
ダイフルカンの有効成分のフルコナゾールは、基本的に比較的副作用の少ない薬ですが、抗うつ剤のハルシオンと併用すると、ハルシオンの代謝が遅れ、強く効きすぎる恐れがあります。
重篤な副作用には、アナフィラキシーなどのショック症状や皮膚障害、血液障害、肝臓障害などがあり、これら障害は初期症状に起こりやすいので、ダイフルカンを使用する際は、徐々に用量を上げていくことが望ましいとされています。
また、妊娠中の女性はダイフルカンの使用は禁止されています。

性病を治すにはジフルカン

ジフルカンは、真菌を退治する薬剤になります。
ジフルカンの作用は、細菌の細胞膜の生合成を阻止することによって、真菌を死滅させることにあります。
特に、消化器官や呼吸器官などの内臓に進入した真菌に対して有効に働きかけます。
すなわち、深部に至るところまで作用を及ぼす、殺菌力の強さがあります。
適応する菌の種類は多く存在しますが、その中にはカンジタ菌があるので、性器や尿路に潜伏している状態のものに対しても効果を発揮します。
性病の症状によっては、所定の期間の服用が必要になります。
また、内臓部分の真菌の死滅状態は、患者側では判断の難しさがありますので、医師の診断を仰ぎながら利用することが大切になります。

性病で一番厄介なの何か?

男性、女性の性器に起こる性病は、どれも厄介なものばかりです。
その中でも再発率が高く、完治しても再び症状が現れる恐れがあるのが「尖圭コンジローマ」です。
尖圭コンジローマは男性のみ出来る性病で、亀頭や冠状溝、包皮や肛門周囲、そして外尿道口に症状が現れるのが特徴です。
女性では「子宮頸がん」の原因となる「ヒトパピローマウイルス」が原因で起こり、ウイルスの潜伏期間は1ヶ月から6ヶ月です。
尖圭コンジローマは症状が現れても痛みはありませんが、患部が何かと接触することで出血したりただれたようになります。
また、前述の通り尖圭コンジローマは再発率が高く、仮に治療を受けて完治したとしても、25%の確率で再発すると言われています。

安心梱包をお約束

当サイトでは、お客様一人ひとりのプライバシーを第一に考え梱包のダンボールにも細心の注意と配慮を心がけております

  • 当サイトの名前は梱包箱に一切記載されてません
  • 外側からは箱の中身が分からない作りです
  • 日本語の記載は宛先の住所と氏名のみです

日本全国どこでも配送可能!郵便局留めも承ります

  • 東北

    • 北海道
    • 青森県
    • 岩手県
    • 宮城県
    • 秋田県
    • 山形県
    • 福島県
  • 関東

    • 茨城県
    • 栃木県
    • 群馬県
    • 埼玉県
    • 千葉県
    • 東京都
    • 神奈川県
  • 北陸甲信越

    • 新潟県
    • 富山県
    • 石川県
    • 福井県
    • 山梨県
    • 長野県
  • 東海

    • 岐阜県
    • 静岡県
    • 愛知県
    • 三重県
  • 近畿

    • 滋賀県
    • 京都府
    • 大阪府
    • 兵庫県
    • 奈良県
    • 和歌山県
  • 中国

    • 鳥取県
    • 島根県
    • 岡山県
    • 広島県
    • 山口県
  • 四国

    • 徳島県
    • 香川県
    • 愛媛県
    • 高知県
  • 九州

    • 福岡県
    • 佐賀県
    • 長崎県
    • 熊本県
    • 大分県
    • 宮崎県
    • 鹿児島県
    • 沖縄県